澳洲新浦金Aⅴ(中国)官方VIP认证-最新App Store

白車体の知能化組立技術
自動車市場の競争が日増しに激しくなるにつれて、完成車工場の自動車開発周期を短縮し、生産効率を高め、コストを下げ、労働者の労働強度を軽減し、製品の競争力を高める。自動化は製品競争を提供する有効な方法である。統計によると、組み立て作業量は完成車製品の作業量の約30%~ 70%を占めているため、自動組み立て技術は広い将来性と市場開発の空間を持っている。

この組立技術は視覚自動位置決め、自動輸送、正確な把持、自動締付機能を有し、生産中のロボットが各種部品を正確に把持し、さらに正確な組立を達成し、高自動化率、高生産効率、高生産品質、高柔軟性のインテリジェントな組立を実現する。
自動車4ドア2カバー組立調整システム
白車体ドアカバー組立生産ラインは自動車分野で自動化の総合難易度が最も高い生産ラインであり、このスマート組立システムを通じて、4ドア、2カバー、バンパー、車内ボルトなどの全自動組立を実現する。
先進的なデジタル化仮想デバッグオフラインシミュレーション技術、マシンビジョン技術、レーザー測定技術、システム超高速転送技術、品質管理制御システム、インテリジェント締付システム、自動順序付け輸送システム、NCフレキシブルポジショニングなどの革新的な技術を運用し、多くのコア技術が国内トップ、国際先進レベルに達した。
全自動化、インテリジェントフレキシブルな自動車ドアカバー生産ラインを実現し、率先して量産し、8車種の無作為混合共ライン生産を達成し、ライン全体で54秒に達して1車4ドア2カバーインテリジェント組立を完成し、インテリジェント製造の業界モデルライン体例である。
板金ロボット自動組立技術
板金の生産技術特徴、設備特徴とその工程需要を結合し、視覚センシング、サーボ制御、自動包装、自動ねじ打ち、自動リベット、ストラップ取り自動追従、自動包装などの技術を集積し、板金生産に対する標準化モジュールを形成し、異なる技術特徴を通じて自由に組み合わせて自動組立生産ラインを合成することができる。この技術の応用は設備が安定して信頼性があり、自己診断、自動化の程度が高く、汎用性が強いという特徴があり、従来の立ち後れた技術に代わって、生産効率と製品品質を高める。

主にエレベータなどの分野で板金の自動生産に応用され、エレベータの階板板金部品が自動パンチで折り曲げられた後、ガイドシューの取り付け、ゴムストリップと補強リブのかしめ、ラベル貼りと梱包などの工程を経なければならない。
精密電子フレキシブル自動組立技術
この技術はロボット埋め込み式視覚センサを通じて精密電子部品の組み立て時の正確な位置を取得し、ロボットの実行動作にフィードバックし、高精度の組み立てを実現し、組み立て品質と効率を有効に高め、人工労働量を下げ、重要工程の柔軟性化自動作業を実現することができる、

モジュール化されたフレキシブルな線体設計を採用し、異なる製品プロセスに基づいてワークステーションまたは視覚の応用シーンを追加または減少することができる、

この技術はネットワーク化ロボット制御システムとロボットオペレーティングシステムの汎用プログラミングボックスに基づいてシステム統合開発を行い、ロボット自動化組立技術、視覚知能技術、硬化技術を総合的に運用し、汎用性、柔軟性化、情報化、運行速度が高い特徴を有する。

XML 地图